活動報告

これまでの活動報告

子ども医療改善をめざして私たちは活動を続けています。
子どもたちの笑顔のために皆様の温かいご支援金は使われます。

■理事長 松尾 忠雄

「きょうだい児支援」について

(スマイルオブキッズ会報22号より)

  • ご寄付のお願い

    ※「遺贈にに関するご相談を承っています。」

    子どもたちは家庭で家族と一緒に、地域で友達と暖かな環境で楽しく育つことが、心身ともに成長・発達していく子どもたちにとってもっとも大切なことです。病気を持つ子どもたちは通院したり入院したりと我慢しなければならないことが沢山あります。

    でもこの子どもたちや家族を取り巻く療養環境は現実では十分配慮されていません。重い心で病院を受診し、耐える医療が多すぎます。

    わたし達は、このような現状を少しでも改善することを目的に、共に行動しようとする者の集まりです。病院を訪れる子どもたちが、楽しみをもてるようほっとできるような環境を提供し治療を受けることが明日のエネルギーにつながるような支援をしていきたいと考えています。

    多くの方々のご参加とご協力を期待します。

    ※スマイルオブキッズ 会員(会費はNPO活動に利用されます)

    ・正  会  員 一口(¥1,000×3口以上)

    ・賛助会員(サポート会員)(¥5,000×1口以上)

    ・団体・企業賛助会員(サポート会員)一口(¥10,000×3口以上)

    ※ご寄附のお願い(NPO活動に利用されます)

    当方は国税庁認可の法人ですので税制上控除が受けられます。

      ※国税庁よりの通知書    ※寄付金控除のご案内

    横浜市市民活動推進基金よこはま夢ファンドに登録されています。

    [ 振  込  先 ]

    ゆうちょ銀行

    振込口座番号:00250 - 0 - 113817

    加入者名:NPO法人スマイルオブキッズ

    「他銀行からの振込口座番号」

    店名:〇二九店(ゼロニキュウ店)

    口座番号:(当座)0113817

    加入者名:NPO法人スマイルオブキッズ

    ※こどもホスピス建設への寄付は新法人設立のため変更になっています

 

病院近くの「もう一つのわが家」

――病と闘う子どもと家族を支える

“ハウス”の実情

Yahooニュースに掲載されました

国税庁認可特定NPO法人スマイルオブキッズ

〒232-0066  神奈川県横浜市南区六ッ川4−1124−2 TEL : 045-824-6014

Copyright  ©NPO法人スマイルオブキッズ A Rights Reserved

このHPは、かながわボランタリー活動推進基金21協働事業負担金対象事業によりつくられています。

活動報告

子ども医療改善をめざして私たちは活動を続けています。
子どもたちの笑顔のために皆様の温かいご支援金は使われます。

■理事長 松尾 忠雄

「きょうだい児支援」について

(スマイルオブキッズ会報22号より)

  • ご寄付のお願い

    ※「遺贈にに関するご相談を承っています。」

    子どもたちは家庭で家族と一緒に、地域で友達と暖かな環境で楽しく育つことが、心身ともに成長・発達していく子どもたちにとってもっとも大切なことです。病気を持つ子どもたちは通院したり入院したりと我慢しなければならないことが沢山あります。

    でもこの子どもたちや家族を取り巻く療養環境は現実では十分配慮されていません。重い心で病院を受診し、耐える医療が多すぎます。

    わたし達は、このような現状を少しでも改善することを目的に、共に行動しようとする者の集まりです。病院を訪れる子どもたちが、楽しみをもてるようほっとできるような環境を提供し治療を受けることが明日のエネルギーにつながるような支援をしていきたいと考えています。

    多くの方々のご参加とご協力を期待します。

    ※スマイルオブキッズ 会員(会費はNPO活動に利用されます)

    ・正  会  員 一口(¥1,000×3口以上)

    ・賛助会員(サポート会員)(¥5,000×1口以上)

    ・団体・企業賛助会員(サポート会員)一口(¥10,000×3口以上)

    ※ご寄附のお願い(NPO活動に利用されます)

    当方は国税庁認可の法人ですので税制上控除が受けられます。

      ※国税庁よりの通知書    ※寄付金控除のご案内

    横浜市市民活動推進基金よこはま夢ファンドに登録されています。

    [ 振  込  先 ]

    ゆうちょ銀行

    振込口座番号:00250 - 0 - 113817

    加入者名:NPO法人スマイルオブキッズ

    「他銀行からの振込口座番号」

    店名:〇二九店(ゼロニキュウ店)

    口座番号:(当座)0113817

    加入者名:NPO法人スマイルオブキッズ

    ※こどもホスピス建設への寄付は新法人設立のため変更になっています

音楽で支援
 ■ふれあいコンサート 毎年夏にVojaの皆さんによる『地域がささえるふれあいコンサート』〜障がいのある子どもと家族のつどい〜 2018年報告ページへ

開催予定:2019/8/10&11

横浜ラポール

 ■チャリティーコンサート 2018年報告ページへ
 ■施設訪問コンサート 随時、施設訪問による音楽会を行っています。 訪問活動の報告
 ■音楽で医療支援 重度障がい児医療へ音楽の力の寄与を研究するためのプロジェクト進行中。 2013年10月26日の新聞記事

チャリティーコンサートCD販売中

病院近くの「もう一つのわが家」

――病と闘う子どもと家族を支える

“ハウス”の実情

Yahooニュースに掲載されました

活動報告

2019/4/25

チャリティーコンサート

お知らせ発送作業

               2019/4/21

浜南ロータリークラブ

芝桜苗植え

2019/4/19,20

芝桜植え替え準備

2019/4/11

イオン幸せの

黄色いレシート

贈呈式

2019/3/31

春のお花見の宴

                 2019/2

桐蔭横浜大学より

サービスラーニング

2019/2/17

リラのいえ

支援プロジェクト

コンサート

2019/2/16

小児がん

啓発イベント

2019/2/14

感染症対策研修会

2019/1/24

Panasonic

NPOサポートファンド

贈呈式

これまでの活動報告

■理事長 松尾 忠雄

「きょうだい児支援」について

(スマイルオブキッズ会報22号より)

子ども医療改善をめざして私たちは活動を続けています。
子どもたちの笑顔のために皆様の温かいご支援金は使われます。

  • ご寄付のお願い

    ※「遺贈にに関するご相談を承っています。」

    子どもたちは家庭で家族と一緒に、地域で友達と暖かな環境で楽しく育つことが、心身ともに成長・発達していく子どもたちにとってもっとも大切なことです。病気を持つ子どもたちは通院したり入院したりと我慢しなければならないことが沢山あります。

    でもこの子どもたちや家族を取り巻く療養環境は現実では十分配慮されていません。重い心で病院を受診し、耐える医療が多すぎます。

    わたし達は、このような現状を少しでも改善することを目的に、共に行動しようとする者の集まりです。病院を訪れる子どもたちが、楽しみをもてるようほっとできるような環境を提供し治療を受けることが明日のエネルギーにつながるような支援をしていきたいと考えています。

    多くの方々のご参加とご協力を期待します。

    ※スマイルオブキッズ 会員(会費はNPO活動に利用されます)

    ・正  会  員 一口(¥1,000×3口以上)

    ・賛助会員(サポート会員)(¥5,000×1口以上)

    ・団体・企業賛助会員(サポート会員)一口(¥10,000×3口以上)

    ※ご寄附のお願い(NPO活動に利用されます)

    当方は国税庁認可の法人ですので税制上控除が受けられます。

      ※国税庁よりの通知書  ※寄付金控除のご案内

    横浜市市民活動推進基金よこはま夢ファンドに登録されています。

    [ 振  込  先 ]

    ゆうちょ銀行

    振込口座番号:00250 - 0 - 113817

    加入者名:NPO法人スマイルオブキッズ

    「他銀行からの振込口座番号」

    店名:〇二九店(ゼロニキュウ店)

    口座番号:(当座)0113817

    加入者名:NPO法人スマイルオブキッズ

    ※こどもホスピス建設への寄付は新法人設立のため変更になっています

音楽で支援
 ■ふれあいコンサート 毎年夏にVojaの皆さんによる『地域がささえるふれあいコンサート』〜障がいのある子どもと家族のつどい〜 2018年報告ページ

開催予定:2019/8/10&11

横浜ラポール

 ■チャリティーコンサート 2018年報告ページ

チャリティーコンサートCD販売中

 ■施設訪問コンサート 随時、施設訪問による音楽会を行っています。 訪問活動の報告  ■音楽で医療支援 重度障がい児医療へ音楽の力の寄与を研究するためのプロジェクト進行中。 2013年10月26日の新聞記事

病院近くの「もう一つのわが家」

――病と闘う子どもと家族を支える

“ハウス”の実情

Yahooニュースに掲載されました